外庭と外部構造
外庭から雑色蓮華輪と金剛杵輪、火炎輪、八大屍林
外庭には幡、傘、黄金の鯉が描かれている
外部構造には結界となる雑色蓮華輪、金剛杵輪、火炎輪
雑色蓮華輪は黄、緑、赤、青四色の花弁があるが、黄色は東南と北西のみ。東西南北は赤の花弁が配される。
金剛杵はインドラ、帝釈天の持つ武器で仏の力を表わす。
火炎輪は煩悩を焼き尽くすという。
八大屍林はこの世の苦悩を表わしている。

| 次へ | 戻る |