11,百人一首の帯に合う着物   
 百人一首柄の帯を持っているのですが、何を合わせたら「おぬし出来るな」と思われるのでしょうか?
 帯の色としては白地に品のいいくすんだ緑に黄色か金がかった百人一首の札が整然と織り出されています。札の大きさは縦3,5センチ、横2.5センチくらいでしょうか。色々楽しめそうですが、合う色も教えて下さると嬉しいです!

  しばらく考えましたが適当な答えが浮かびません。
  「帯ときものの楽しい組み合わせ」でお応えしたように、私はデザイナーではありませんので、柄の組み合わせには呉服屋の域を出ません。余りいいかげんなことは書けないので差し控えます。
  このコーナーを見ていただいている皆様に次のようなことを理解してもらいたいと思います。
  「遠くの神様はありがたい」という言葉があります。遠路はるばるお参りに行った神様はありがたいというのです。この言葉について常々思うことがあります。テレビやラジオの人生相談や健康相談を聞いたことがあるでしょう。私は非常に苦々しく思っています。身近な医者が自分の身体に触れて問診してくれているのに、マスコミに登場したえらい先生のたった一言を鵜呑みにしているのです。
  近くの医者はやぶ医者で当てにならず、肩書きのあるえらい先生の一言の方が信頼できるのでしょうか。マスコミの報道を鵜呑みにするのも同じ事です。皆様の周りの数ある呉服屋さんの中には立派な店も多いかと思います。柄のコーディネートに関しても呉服屋の域を出ている人もいるでしょう。
  私のいいかげんな発言が一人歩きしてはならないと思っています。 私は自分が書くことには責任を持ちたいと思います。それだけに様々な反論を期待しています。みんなできものの将来を考えましょう。

|戻る|