129.麻の着物の格は
 きもの春秋、大変おもしろく拝読いたしました。
  きものについてはほとんど知識がないにもかかわらず、このたび外国の人にきものについて話さなければなりません。貴ホームページからたくさんのことを学ばせていただき、大変ありがたく思います。
  ところで、読み落としたかも知れませんが、夏のきものは「麻」がいいとのことですが、正式な場に「麻」を着ることはできるのでしょうか。麻の格というはどのあたりに位置づけられるか教えてください。

 昔は(鎌倉時代頃)麻は武士から町人まで着られていました。絹や綿が無かったからです。
  その後、絹が日本でも作られる様になると高級品は絹物になりました。そんな経緯があって今は絹が高級で格の高いきものの素材となりました。女物に限っては麻は現在普段着として着られています。正式な場で麻のきもの、紋付などを着る事は一般的にはありません。
  ただし、男物については麻の紋付が着られます。真夏の盛装として私も持っています。男の衣装は鎌倉時代から進歩していないのか、あるいは真夏用に合理的なのかといことでしょう。

 お礼が遅くなってすみません。よくわかりました。 ありがとうございました。

|戻る|