191.本塩沢について教えて下さい   
 初めて投稿させていただきます。  
  インターネットで「塩沢紬」について調べていたところ、 こちらのページにたどり着きました。
 「塩沢紬」と「本塩沢」の違いなど、丁寧に解説してあって 大変参考になりました。で、質問させていただきたいのですが…。
 以前インターネットで購入した本塩沢の反物についていた 商標がこちらの解説についていた商標とまったく違うのです。
 私が購入したのは、「やまだ織」という会社の本塩沢だったのですが、 ついていた商標は3つで、
1.やまだ織の字の下に番号があるもの、
2.「雪のなかのきれ」と書かれて、推薦文のあるもの
3.「湯通し済み」と書かれたものです。
 商標が違うということは偽物だったのかなあと、がっかりは してしまいましたが、今後の着物の購入などのときに この経験が生かせれば、と投稿させてもらいました。
 ずいぶん限定的な質問で大変恐縮ですが…。  もしご存じでしたら教えていただければ幸いです。

 トラブル発生の為、たいへん遅くなってしまいました。
  「やまだ織」はれっきとした塩沢です。塩沢では今一番大きな機かもしれません。
 「雪の中のきれ」も昔から使われている商標です。 なぜ塩沢の証紙を貼らないのかはわかりません。大島紬でも組合を脱会して証紙を貼らないブランドもありましたのでそういった事情かも知れません。

|戻る|