26.塩瀬の帯は真冬でも締められますか   
 知り合いの呉服屋さんが塩瀬の染め帯は、帯付き(コート、羽織の要らない)時期に 締めるものだと言われました。真冬には使えないのですか?

 塩瀬の帯は真冬でも締められます。 真夏は絽の塩瀬の染め帯を締めますが、他のシーズンは塩瀬の帯を締められます。あとは柄の問題でしょう。季節感の強い柄はそれ相応の時期に締めますが、塩瀬という素材自体には季節感はありません。 「塩瀬は帯付の時期に・・・。」というのは初めて聞きました?。

 一応RESを書きましたが、あまりにもおかしな説が巷に流布されているようで腹の虫が納まりません。もう一度論理的にご説明いたします。
  「帯付の時期」というのはいつの事を言うのでしょうか。「コート、羽織を着ない時期」ということらしいのですが、コートには袷、単衣、紗や羅の薄物があります。すなわち一年を通して着るべきコートが用意されています。羽織も同じです。しいて言えば真夏には羽織やコートは着ないでしょうから、「帯付の時期」というのは真夏を言うのでしょうか?。そうだとしたら塩瀬の帯は真夏に締めることになります。しかし、真夏は絽の塩瀬を締めます。さて、塩瀬の帯は・・・・・?。
  次に塩瀬の帯にはいろいろな柄があります。季節感の強い柄ももちろんあります。真冬の柄の塩瀬の帯は昔から作られています。例えば梅や桜の柄は良く見かけます。さて、梅といえば1〜3月頃が旬の締め時でしょう。その時期は是非ともコートや羽織を必要とします。梅や桜の柄はいつ締めたらよいのでしょう。
 さっそくお返事をいただきありがとうございます。
実は、真冬に塩瀬を締められないと言われたお店で、オフホワイトに南天の柄の塩瀬の帯を購入しました。とても気に入っていたので、今締めたいと思っていたのですが、これで安心して締められます。本当にありがとうございました。

|戻る|