228.お仕立てについて   
 連続投稿で申し訳ありません。旅から旅さんのところの掲示板に投稿させていただいたのですがやはりこちらの方が適切かと思いこちらにとうこうさせていただきます。
  自宅保管してあった反物を叔母より譲り受けました。長い間保管されていたものなので出来るだけ早く着物として日の目を見せてあげたいと思っているのですが、懇意にしている呉服屋さんなどありませんし、ましてや仕立て屋さんなど知ろうはずもありません。こういった場合呉服屋さんに持ち込んでもいいものなのでしょうか。
  わたしとして素人ですので採寸ひとつにせよやはり素人が図ったのとではちがうでしょうし、モデルのような体型ではないのでいろいろ相談したいこともいっぱいあります。できれば対面したいとおもっています。

 >自宅保管してあった反物を叔母より譲り受けました。長い間保管されていたものなので出来るだけ早く着物として日の目を見せてあげたいと思っているのですが、懇意にしている呉服屋さんなどありませんし、ましてや仕立て屋さんなど知ろうはずもありません。こういった場合呉服屋さんに持ち込んでもいいものなのでしょうか

  チェーン店は難しいこともありますが、個人商店では、おおかた、持ち込みの反物の仕立も引き受けてくれます。 ただ、いきなり、もって行くのも、ナンでしょうから、足袋か半襟、腰紐など小物でも買いに行って、その際に「手持ちの反物があるのだが・・」と話を振ってみましょう。 それで、OKならば、次回、反物を持参してくれば良いわけです。

>わたしとして素人ですので採寸ひとつにせよやはり素人が図ったのとではちがうでしょうし、モデルのような体型ではないのでいろいろ相談したいこともいっぱいあります。できれば対面したいとおもっています。

 ご存知かもしれませんが、着物は、体型以外に、どのように着付けるかでも、サイズが異なるものです。その点が洋服とは異なります。例えば、「雑誌のグラビアか花嫁さんのように、ばっちり補正をして着付け師に着付けてもらう」場合と、「大して補正もせずに、自力で着心地よく着る」のでは、大方の人の場合、かなりのサイズ差が生じます。 腰紐の位置も各自で好みがあり、これはそのまま身丈に影響します。
  本当は、こういったサイズは、気心が知れた呉服屋さんで、何着か頼んで、抱えている仕立て屋の腕を見極め、当たり障りのない着物から頼んでいって、サイズも「前回、ココがちょっとだぶつき気味」といった相談をしながら、着易いサイズを見極めて行くのがよろしいです。 もし、既にお手持ちの着物があって、その着物に対して「ここが足らない、あそこがだぶつく」とお思いならば、その着物をお持ちになって、場合によっては、その店で着用して、寸法の相談に乗ってもらうとよろしいと思います。 こういった着物があると、初回でも似たような話ができます。 サイズが確定していない時期はなおのこと、みみさんがお考えのように、対面で、相談に乗ってもらいながら、寸法を決めていくのがよろしいと思います。 ゆうきくんは、非常に良い呉服屋さんなのですが、残念ながら、山形まででかけないと対面での相談に乗ってもらえないところが難点です。^^) ご参考に

  いろいろと参考になりました。 この夏、ゆかたを購入した呉服屋さんに相談してみようと思います。 お店にいた女性の方(たぶんその店の娘さん)がとても話しやすそうだったのでそこに一度聞いてみようと思います。
 丁度良いお店があったんですね。そこは狙い目です。 お店の娘さんで手に負えない相談事は、旦那さんとかおかみさんが支援してくれる筈です。 色々相談できるお店になるといいですね。
 またまた遅くなりました。申し訳ございません。
  反物の仕立てだけを呉服屋に持ち込めるのか、と言うご質問ですが、答えは「持ち込んでも構わないでしょう」と思います。 「思います」と言うのは、呉服屋によって様々だろうと思うからです。しかし、大概の呉服屋さんでは仕立ててくれると思います。
 ただ、優妃さんが仰るように、呉服屋さんも人間ですから、何か買っていただければ対応は違うと思います。それから、「急ぎ」というのは仕立てが混んでいるときには言い顔をされないかもしれません。十分に余裕をもって持ち込んだほうが良いでしょう。
 どちらにいたしましても、呉服屋さんによって対応がまちまちでしょうから良い呉服屋さんを探してください。
 山形にお出での節は是非お立ち寄りください。できれば事前に電話を頂戴できればありがたいです。私も店を開けるときがありますので。
 昨日、あんまり必要でなかったのですが仕立てのことを聞きたかったので足袋を買うついでに聞いてきました。 とっても快く対応してくれました。なにも買わなくて申し訳ないんですが・・・と言いました所「とんでもないですよ」とおっしゃっていただきました。 仕立て代も良心的なのではないかと推測してます。 これから長くお付き合いしたいと思わせる呉服屋さんです。
 山形・・・行ってみたい。しかしあまりに遠すぎます。 当方三重県です。ああ残念!!!!
 みみさんは三重県ですか。懐かしいですね。
 私は大阪に3年居りましたが、その時分営業で和歌山、三重を周っていました。
 一日で紀伊半島を一周したこともあります。
 新宮から熊野、尾鷲に抜ける海岸沿いの国道では、雨が降ると遮断機が下りて通行止めになります。台風が近づくと、「遮断機が下りないように」と祈りながら通り抜けました。
 志摩では大王崎まで行ったり、二見ヶ浦の夫婦岩を見に行ったりしました。
 桜井から松阪に抜ける山道ではだんだん道が細くなって心細くなったのを覚えています。
 四日市では安宿を探したけれども見つからず、やっと見つけたら「不幸中」で泊めてもらえず往生しました。 ・・・三重県、懐かしいです。そのうちまた行ってみたいと思います。

|戻る|