241.着物の種類   
 初めまして、こんばんわ。 来年の3月に卒業するのですが、袴をはこうと思っています。 その際、袴の上に着る着物は色留め袖、訪問着、色無地のどれを着れば良いのでしょうか?

 袴をはく時に着る着物ですね。何を着れば良いのか、何を着なければならないのかは判りません。私の知識不足もありますが、誰にせよ断定できる人はいないと思います。
 以下、私の経験上のことでお話します。
 色留袖はほとんど聞いたことがありません。色留袖は裾にしか柄がありませんので、袴を履いてしまえば色無地と変わらなくなります。しいて言えば、色留袖の場合普通紋が三つついています。色無地は通常一つ紋ですので、違いは紋の数の違いになろうかと思います。袴姿に三つ紋は必要なのか・・・判りませんが、見たことはありません。
 色無地に袴姿は良く見かけます。最も無難な着方でしょう。
 訪問着や付け下げを着る人もいます。間違いではないでしょう。訪問着や付け下げといっても様々です。特に上半身の柄が問題になるわけですが、訪問着の中には総柄のものもあれば、付け下げ程度に胸や袖に柄をあしらったものもあります。好みも問題になるのでしょうが、余りに柄の多いものはうるさくなるような気もします。
  訪問着の場合は、実際に合わせてみて考えられてはいかがでしょうか。

|戻る|