298.博多献上帯について   
 きもの初心者です。年間を通じて使える帯ということで、博多献上帯を買いたいと思っています。三献柄にするか五献柄にするかでとても迷っています。
 それで教えてほしいのですが、この帯は柄で、使える着物やシーンを選ぶものでしょうか?
  それとも好きで選んだらいい、というものでしょうか?
  ゆうきくんの個人的な好み含めてもお聞かせください。
 ご質問の主旨が良く分かりません。 「三献柄と五献柄は使える着物やシーンを選ぶのか?」という意味でしょうか?
  主旨がわからないといわれて、とんでもない質問をしてしまったのかと少々焦りました。文章表現がまずかったですね。すみません。
「三献柄と五献柄の違いは何ですか?」とお尋ねしたほうがよかったかな。 例えば、三献柄は○○年代向けですとか、五献柄のほうが少し改まった席にも使えます、とかの「違い」がもしあれば教えてほしいなと思ったのです。 好きに選べということならそれでいいのですが…
 ご質問の主旨が良く分かりました。
 博多献上帯には五献、三献、他に鬼献(独鈷柄一本のもの)があります。どの帯も用途は全く同じです。柄違いと思っていただいて構いません。
 一般的に、柄が細かいほど地味になります。これは他の帯や着物でも言えることです。つまり、三献よりも五献が地味ということです。
 もっとも、色もありますので、「何歳以上が五献」「何歳までが三献」という決まりは全くありません。同じ色であれば五献が年配向き、三献が若向きと言うことはいえます。 と言いましても、合わせる着物にもよりますし、余り拘らずに選んでいただいて構いません。

|戻る|