33.唐織の袋帯   
 唐織の袋帯を4月に締めるのはおかしいでしょうか?
  着物の本を見ると11月から2月頃に用いる ような事を書いてあって、、、。 軽めの袋帯で色の感じは明るく(パステル系) 4月に着ようと思っている着物に良く合うのですが やっぱり難しいですか?

 帯の季節による使い分けは、大まかに分ければ長着の袷、単衣、薄物に対応する分け方があります。
  薄物に関しては紗や絽の生地(文字通り薄物)を使いますのではっきりと区別がつくでしょう。薄物以外の帯については「何月何日より○○を締める」といった具体的なルールはありません。ルールがあるとすれば「その季節に合った帯を締める」ということだけでしょう。
  問題は、唐織はどの季節に合うのかということです。きものの本に「唐織は11月〜2月に締める」といったことが書いて有るそうですが、次のような事を意味していると思います。唐織は表面に糸が浮いて重厚で暖かさを感じさせる織物です。そういう意味で唐織は冬に締めるのが良いと言っているのでしょう。
  しかし、「11月から2月」と限定する必要はありません。厳密な論争をしようと思えば、夏物の袋帯には唐織組織のものある訳ですから、つきつめれば夏でも唐織の帯を締めるといってもうそではありません。  
  その本の言わんとすることも含めて次のように考えてはいかがでしょう。  
 
能衣装を見れば分かるように、唐織は重厚で暖かさ感じさせる織物です。しかし、中には織り方や淡い色使いなどで、それ程暑苦しさを感じさせない唐織の帯もあります。一般に唐織の帯は袷に締めるのが良いのですが、中には単衣に締めても良いような軽いものもあります。
  要は他人に季節の違和感を感じさせないことが大切です。4月5月の暖かくなった時期に唐織の帯を締められるかどうかは、その個々の感覚でしかありません。寒いときには暖かさを感じさせるように、暑いときには涼しさを感じさせるといった配慮があればおのずから答えが出ることでしょう。

|戻る|