351.難物の仕立てについて
  いつも参考に読ませていただいています。 着物歴が浅く 何でも欲しくなってしまい、失敗が多いのが悩みです。
 ネットで購入した紬(銘仙、作家)の反物、表示には色むらがあるが着用問題なしとありました。 巻き始めから2m少しくらいまで 4cmくらいの幅で(縦に)ずうっと線状に薄く透ける部分があります。色ではなく織りの問題だと思うのですが、仕立てたらどの部分になるのでしょうか?
   濃い色なので気にせず着てしまうしかないとは思うのですが。
  不躾な質問 お許し下さい。
  どのような状態なのかは見なければ分かりません。仮にそれが難ということでお話します。
 紬でしたら絵羽物と違い、何処を裁っても構いません。難があるのが2mとの事ですので、そこを避けて仕立てるのが普通です。まともな仕立て屋さんであれば、難があることが分かっている時には、「余り布にする」「見えない部分(衿の中等)に使う」「目立たない場所(下前や帯で隠れるところ)に使う」等と工夫するものです。
  また、紬であれば裏表同じですので、裏に響いていなければ、裏返して使うこともあります。
 ネットで購入されたと事ですが、信用あるお店でしたらその店に相談してください。相談できない店だとしたら、悪いものを掴まされたと思うほかないでしょう。
  ご回答くださってありがとうございました。
  ゆうきさんが助言してくださったように、悉皆屋さんにも明らかな織難だが仕立てられると言われ 作業を進めているところです。
  ネットで着物を買うことにはリスクが伴うと わかっていながら価格に惹かれて手を出してしまう。。。本当に目が覚めた思いです。
いいものをしっかり見極め 自分に合った着物ライフを楽しみたいです。

|戻る|