352. 雨コートの袖丈について    
 こんにちは。着物好きのあぼと申します。
  着物が揃ってきて、最近やっと上着に目が向くようになりました。
  雨コートを仕立てようと思っているのですが、手持ちの着物は袖丈が2種類あります。 紬・小紋等は1尺3寸で、訪問着・付下げが1尺4寸です。 雨コートの袖丈を1尺3寸に合わせて作り、1尺4寸の袖丈の着物にも着用してもおかしくないでしょうか? どうぞ、よろしくお願いします。
 大変申し訳ございません。年末のあわただしさに返信遅くなって(実は忘れていました)しまいました。
  着物の袖丈は襦袢、きもの、コートや羽織を合わせるのが原則です。 しかし、実際には、そうは行かないことが往々にしてあります。
  全て自分の為に新調するものであれば袖丈を合わせることもできます。しかし、親や祖母、あるいは友人にもらう事もありますので、直しても袖丈が短い場合もあります。
  また、フォーマルと普段着(紬など)では袖丈を違えている事が多いので、何枚もコートをお持ちでない場合なども袖丈が合わなくなります。
  袖丈が違うとどういう弊害が起こるかと言いますと、女性の場合振りが開いておりますので、中の袖(着物に対する襦袢、コートに対する着物)が振りから出てしまう事があります。 従ってやむを得ずして袖丈の違う着物を重ねる場合には、通常中の袖を長くするのが普通です。
  あぼさんのように雨コートを1尺3寸と1尺4寸にお召しなる場合は雨コートの袖丈は1尺3寸にするのが良いでしょう。 着用しておかしい事はありません。必然的にそういうケースはありますので。

|戻る|