354. 縮緬地の着物に縮緬地の名古屋帯   
 お世話になります。 細かい総柄の鬼シボ縮緬の小紋に、縮緬地の名古屋帯(お太鼓柄)をあわせても良いでしょうか? 色的にはとても合うのですが、同じ様な生地なので迷っています。
 ご回答宜しくお願い致します。
 きものと帯の組み合わせは、色、柄、材質など様々な要素によってコーディネイトされます。
 全体にまず考えなくてはならないのは、格の組み合わせです。黒留袖に紬の染め帯では話になりません。結城紬に佐賀錦の袋帯も話になりません。
 では、縮緬の小紋に縮緬の帯はどうでしょうか。
 シボの高い縮緬はどちらかと言うとカジュアルになります。これはあくまでも「どちらかと言うと」の範疇で、鬼縮緬イコールカジュアルと言う事ではありません。
 鬼縮緬の小紋に(すべすべした)塩瀬の帯は良く合います。だからと言って縮緬の帯を締めてはいけないということではありません。「鬼縮緬の小紋に染め帯を締める場合には塩瀬を締める人の方がずっと多いでしょう」という意味です。
 縮緬の帯は塩瀬よりも合わせにくいかもしれません。しかし、同じ生地をうまく合わせて、と言う事も出来るはずです。
 あとは合わせ方のセンスとしか言いようがないでしょう。
「縮緬のきものに縮緬の帯は合わないと思っていたけれど、あの方はあんなにセンス良く締めていますね。」
と言われるような組み合わせをされてはいかがでしょうか。
 丁寧なご回答有難うございました。
  普段は、縮緬の帯は織の着物に合わせております。 ご相談しました小紋は柄が宝尽くしですし塩瀬の帯が適してると思うのですが、なかなか合う柄も無くお値段も結構しますので、なんとか手持ちの帯で・・・と思いご相談させていただきました。
  正直わたくしがみても「イマイチ」なのです。 お正月も過ぎましたし、来年用に一年かけて合う塩瀬の帯を探します。 この度は有難うございました。

|戻る|