397.10月のちりよけコートの素材は?   
  いつもこちらで勉強させていただいておりますm(__)m
  10月中旬と下旬に和服(大島紬・男物亀甲絣柄)で新幹線に乗り遠出をします。 コートは「もみじの季節から桜が散るまで」とも言われておりますが、 50代なので帯付き姿も自信がなく、汚れも気になるので、 塵除け目的でコートか羽織を着用したいのですが、素材は何がいいのでしょうか?
  手持ちのものとしては、正絹絽の無地羽織、正絹紗の無地羽織、 ポリレース地道中着、ポリ紗道中着、正絹単羽織、正絹単道行、 正絹袷羽織、正絹袷道行、正絹袷道中着、などがあります。 ご意見をお聞かせいただければ幸いです。
 遠出する場合、コートは必需品です。 羽織やコートを着ずにいる人もいますが、羽織やコートを着用、または携帯するのが良いと思います。
  素材は何が良いかと問われると、きものは正絹が原則です。木綿や麻も正式な素材ですが、化繊は代用の域をでません。土砂降りが予想されるなど特殊な場合は化繊もお勧めできますが、普段は正絹でしょう。
  十月と言ってもまだ暑い日があります。まして東京ではそうでしょう。 一番お勧めするのは薄手のシースルーコートです。絽や紗のように目が粗くなく薄くたためるものです。 お持ちの中では、袷はやはり暑いと思います。薄物か単衣になりますが、その時の天候に合わせてお召しになってはいかがでしょうか。
 早速にお返事をありがとうございます。 おかげさまでよくわかりました。
  そのときの天候に合わせて、ポリ紗紬のシースルーコートか、 大島紬の単の道行きを着用しようと思います。 アドバイスありがとうございました。

|戻る|