419.細身の身幅、肩幅、袖幅について   
 いつも興味深く勉強させていただいてます。初めてですが、質問させて下さい。
  私は身長160cmヒップ83cm細身体型です。何枚かの着物が仕立て直しの時期で、只今ベスト寸法を模索中です。 持っている着物で一番着やすいの寸法は、前幅6寸、後幅7寸4分。肩幅8寸4分、袖幅9寸1分で、合わせた裄が1尺7寸5分です。
  これですと、余分な身幅を下前で折り返さず、上前端と右脇縫いが2cmかぶるくらいで見た目が良く、胸元のだぶつきも少なくすっきり着られます。 ただ、これがベストなのか不安もあります。
1.身長160cmにしては身幅が細すぎるでしょうか??歩くと前が開いて襦袢が見えることしばしば。また、八掛けが擦り切れるのが早い気がする。これも細い身幅の影響でしょうか?身幅の大きい着物を着る時は、結局下前側で折り返して細く着るのだから関係ないのでしょうか?
2.裄の振り分けで、肩幅小さく袖幅大きくしてますが、肩幅と袖幅の差はどのくらいが限度なのでしょうか??細い身幅に大きな袖が付いてるのは変ですよね?? 「巨大化する着物」を読んだり雑誌の写真を見たりして美しい着姿を探しています。(恥ずかしながら、以前は裄1尺8寸で手の甲がかぶる裄がベストと思ってました・・・・。) ほんの少しの違いですが、最近裄は1尺7寸4分の方がすっきりするかなと感じています。
3.そこで1尺7寸4分の場合、肩幅8寸3分、袖幅9寸1分だと偏りすぎでしょうか??肩幅8寸4分、袖幅9寸の方が良いでしょうか? 後幅が細いので、肩幅もできるだけ小さい方が、仕立てに無理が無いとも思うのですが・・・・。
  襦袢寸法も含めて、そろそろ同じ寸法に揃えていきたいと考えており、まとまらない質問ですいませんが、教えて下さい。
 返信、たいへん遅くなりました。
  まず、とりあえずご質問に応えさせていただきます。
1.身幅と身長は関係ありませんので、身長に対して身幅が云々することはないでしょう。 前幅6寸は並幅です。細身との事ですので並寸でも良いのかもしれませんが、着慣れない人は前幅を五分程度広く取ることがあります。特に、立ったり座ったりする方は、広く採っているようです。五分が適当かどうかは分かりませんが、前がはだけて気になるのであれば、三分〜五分出しても良いと思います。 八掛が擦り切れるのは様々な原因がありますが、着る時に丈を長く、すなわち裾が足の甲を始終擦っているような場合、擦り切れが早いかもしれません。また、紬の場合、先練り八掛を付けると、擦り切れが早いようです。当社では紬でも八掛は精華やパレスをお勧めしています。
2.肩幅との差を考えなくてはならないのは、袖巾ではなく後身幅です。後幅と肩幅は直結しています。その差は身八つから肩にかけて吸収しなければなりません。 後身幅が7寸4分とのことですが、肩幅8寸4分とは1寸の違いがあります。1寸程度の差であれば問題はありません。 裄丈は手の長さの個人差がありますので一概には言えませんが、身長160cmの人であれば、1尺7寸5分で十分だと思います。
3.裄を1分短くするのであれば、袖幅9寸の方が自然だとは思います。
  御自分の寸法を決めておきたいと言うことですが、大切なのは、自分が着易いかどうかということです。着物の着易さ着難さは個人差があり、というよりも主観的なものです。 全く同じ体型であっても、その人が着易いと思う寸法は違うのが普通です。
  寸法をお決めになる時は、「着物の寸法とはこういうものだ」という風評に惑わされずにお決めになるのが肝要かと思います。
 ゆうきくん、丁寧にご回答下さり本当にありがとうございます。
1.身幅は並幅なんですね。よく考えてみたら身長160cmも今の時代大きくは無いし、身幅とは関係無かったですね(恥)少なくとも現状6寸で問題を感じてるので、少し前幅を広くして試してみようと思います。 八掛の擦り切れる原因、確かに長め丈が好みで、裾が足の甲に触れている感じです。歩く歩幅とか、歩き方のクセもあるかも知れないですね。
2・肩幅、後幅の差がちょうど1寸ギリギリの範囲なので、少しでも布地や仕立てに無理が無いように差を縮めたら・・・と思ったのと、肩幅が狭くなれば少しでも脇のもたつきも少なくなるのでは・・・と思ったのでした。 裄についてはお返事が来るまでの間、手持ちの着物をとっかえひっかえ試して比較したところ、1尺7寸4分が好みの感じだとわかってきました。
3・そうですね、差がつき過ぎも不自然ですもんね。あと袖幅9寸を超えるとコート、羽織で幅が足りなくなる可能性もあるみたいですね。肩幅8寸4分、袖幅9寸で裄1尺7寸4寸で行こうかと思ってます。

>大切なのは、自分が着易いかどうかということです。着物の着易さ着難さは個人差があり、というよりも主観的なものです。
>全く同じ体型であっても、その人が着易いと思う寸法は違うのが普通です。寸法をお決めになる時は、「着物の寸法とはこういうものだ」という風評に惑わされずにお決めになるのが肝要かと思います。


 まったくそうですね。このアドヴァイスですごく納得しましたし、自分で沢山試してみないと気付かない事学べない事ありますよね。頭であまり悩まず試していこうと思います。

|戻る|