451.柄合わせと寸法どっちを取る?   
 最近、訪問着と留袖の仕立てをお願いしたのですが「柄を合わせると寸法が全部で8センチ広がる、寸法を合わせると脇で柄が合わなくなるがおかしくはない、どちらを重視するか」と問い合わせがありました。(ちなみに私は前巾22、後ろ28で痩せ型です。)8センチは大きいような気もしますが、おかしくないと言われても柄が合わないのも困りものです。こういう場合、普通はどちらを重視するものなのか教えて下さい。
 単純にどちらを取るということでは有りません。 考えるべきことは
1.どのような柄なのか
 柄が横に流れる場合、柄が合わなくても何とかごまかせるものもあります。
 柄が斜めに流れる場合は、柄のずれが顕著です。
 飛び柄の場合は何とかなる場合もあります。
2.寸法は変更できないか
 どうしても柄が合わず、寸法どおりではまるでおかしい場合、寸法を若干変更して対応する場合もあります。その場合前幅を5分程度出したりします。
 後ろ幅を広くすると着難いので前幅で出すほうが良いでしょう。
 それらを勘案して身幅と柄袷を考えるのは呉服屋、仕立て屋の技といえます。  呉服屋さんとよく相談してはいかがでしょうか。

|戻る|