469.色無地の生地の重さ   
  色無地の着物の生地の重量について、質問します。宜しくお願いします。
  大体、生地の重量は、670gあれば、普通とされていると「ゆうきくんのきもの講座8」に載っていましたが、それは、八掛けを除いた重さですか?
  よく、仮絵羽でしたら、生地の重さが刻印されています。それも共生地の八掛けを除いた重量ですか?
  持っている色無地の着尺で、最近の最初から染め上がっている反物状態の安価なもの(それでも一応、丹後ちりめん)は、八掛けを入れての重量が750gしかありません。八掛けを除いたら、600g弱くらいしかないような感じです。 でも、色が気に入っているので、仕立てようか迷っています。 以前、670gと刻印されている生地で色留めを仕立てましたが、比翼仕立てで仕立てたので、それは、いいかなと思うのですが、670gが、八掛けを含む重さなら、軽い着物でしょうね。 よく、最近の着物はペラペラとかというのを聞くのですが、どうでしょうか? 600g弱では軽すぎますか?やめておいた方いいでしょうか?
 生地の重さは通常三丈物(一反)で表示されます。 700gと言えば一反の重さを表します。 750gと言うのは刻印があるのでしょうか? ご自分で計られたのでしょうか? 共八掛というのは同じ生地の四丈で織られたものでしょうか? 共八掛の反物では、八掛生地を共に染めて巻き込んである物もあります。 共生地四丈で750gであれば表生地の重量は、その3/4になりますので、 750÷4×3=562.5gになります。 その通りだとすると、襦袢生地程度の重量です。 昔はその程度の生地で表物を仕立てたとも聞いていますが、どのような状況なのか分からないので結論は出せません。 他の着物の生地と比べてみてはいかがでしょうか。

|戻る|