58.ウールの着物の相場
 ウールの相場について教えてください。
  昨今はウールの反物は扱いが減少し、ほとんどのところで入手不能という話を聞き、私の徘徊する数件の呉服屋でも扱っても1,2反(選択の余地がない)という状態でした。
  ところが、下着類を調達していた銀座のある店にウールの反物が10反程あるのを見つけました。柄は縞、絣(風?)、総柄小紋、飛び柄小紋と多彩。ウール95%化繊5%の混紡 そしてお値段が 1万円〜3万円でした。
  昨今のウール反物の相場はいかほどなのでしょうか? 銀座なので相場よりも高いのかもしれませんが、余り相場から離れた価格だと嫌だなと。 紫地に花の小紋(総柄に近い)が1.5万円。ウールのせいか、おっとりととぼけた色の紫がいい具合。

 反物の価格についてはお答えし難い面があります。
  ウールというきものの一範疇についての相場は、「訪問着の相場は?」という問に似たもので、一概には答えられません。
  ウールは少なくなったとは言え、今でも出回っています。私の店でも常時十数反は置いてありますし、ネルやメリンスも合わせると三十反程度在庫しています。
  ウールが少なくなったので相場が上がっているということはありません。 商品が特定できて、当社で扱ったことがあれば相場は分かりますが、現物を見ずには何ともいえません。
  若干の化繊の混紡ということですので、1〜3万円でしたら高くはないと思いますが、責任は持てません。

>反物の価格についてはお答えし難い面があります。 >ウールというきものの一範疇についての相場は、「訪問着の相場は?」という問に似たもので、一概には答えられません。
  なるほど。「ウールの反物ならこれ位」という程価格帯は狭くないのですね。 生地のよしあしで差のあるものというわけで。 洋服地のウールもピンからキリ迄あることを考えると着物地の反物も同じというわけですね。
  そういえば、浴衣地も、昨今多く出回っているカラフルなプリント物は3900円という安値のものもある一方、本格藍染の反物は3万円という状態でした。
  どうもありがとうございます。「ウールの反物に3万も出したの?」という話にならなければ良いので。 どうもありがとうございます。

|戻る|