76.長板小紋中形に合わせる太鼓帯は
 矢継ぎ早に色々すみません。
  先日いただいた長板小紋中型の浴衣ですが、 太鼓にする帯としてはどんな帯がよいのでしょうか?
  手持ちだと、黒地に銀糸の夏袋帯、白地に幾つか色糸の名古屋帯 位しかないのですが、これらをあわせてもよいものでしょうか?

 先日はご来店いただきましてありがとうございました。
  長板小紋中形は素材が綿縮の藍染で普段着中の普段着です。高級ゆかたと称していますが、ゆかたにも街着にもなります。
  通常のコーマ地ゆかたですと普通昼間は着ません。夕方か夜に限られます。しかし、長板小紋は昼も着られます。襦袢を着ずに裸足で浴衣としても着られますが、襟を出して足袋を履けば立派な街着になるわけです。その時には帯は太鼓で締めて構いません。 
  さて、その太鼓にする帯ですが、長板小紋は普段着中の普段着ということを考えてください。
  夏の八寸名古屋帯がベストです。紗の八寸(nng016やnng017など)博多の紗献上など洒落物の帯です。 九寸であれば、すくい(nng004、優妃さんには地味ですが)が合います。
  袋帯は重過ぎると思いますが、いずれにしても「何でなければならない」ということはありません。あくまでも「普段着中の普段着」の帯を合わせてください。

  
 ありがとうございます。
  帯の箱を掘り返して、薄紅色の紗献上もどきを見つけました。 白地の名古屋帯は八寸です。 今回はこの2つを持参しようと思います。 どうもありがとうございました。

|戻る|