『織物 』

 呉服用語では、織物は先染めの生地を指す。
 先染めとは糸の段階で色を染めたもので、西陣の帯や絣などがそれにあたる。織物は糸を染めてから織るので染色は一般に堅牢で後から抜染するのは困難である。
  先染め縮緬と呼ばれるお召しは色を抜きにくく、男子のお召しの紋付は抜き紋ではなく縫い紋や書き紋が施される。
  織物の定義は上記のようであるが、稀に次のような使い方をする場合がある。
  紬の白生地に後で引染をして無地にする場合がある。上記の定義によればこれは後染め、すなわち染物に属する。しかし、縮緬の無地と比べて、
「お客様の着る機会を考えますと、こちらの縮緬よりも、そちらの織物の方がぴったりだと思います。」
と言う言い方をする場合がある。この場合、「織物」は「紬」を指している。
  ほとんどの紬は先染めなので、このような言い方をする場合もあると言う事を覚えておかなければならない。 (参照:「きもの講座4.織と染について」)

|戻る|