『九寸・九寸名古屋帯 』

  太鼓を造る帯の幅は八寸(約30cm)である。袋帯も名古屋帯も同じである。
 九寸(九寸名古屋帯)は、その名の通り仕立てる前の幅が九寸(34cm)である。仕立ては裏に帯芯を貼り付け、両側を五分ずつ織り込む。従って仕立て上がりは八寸となる。
 九寸には次のような種類がある。
・織帯  織物の帯
・染帯  後染めの帯。素材により「塩瀬」「縮緬」「紬」その他がある。「塩瀬」が代表的で「塩瀬」と言う言葉が染帯の代用に使われる事もある。

|戻る|