『絹紡糸 』

 絹紡糸は紡績絹糸とも呼ばれ、副蚕糸(生糸にならない屑糸)を紡績して作った糸である。絹糸には違いないが、表面が毛羽立っているので表地にはあまり適さない。かつては富士絹や銘仙に使われていた。(現在の銘仙は絹紡糸ではないと思う)

|戻る|