『小紋

 小紋の語源はもともと大紋の反対語である。 大きな文様(大紋)に対して、小さな文様(小紋)が原語らしい。
  最も小さな文様と言えば江戸小紋である。鮫小紋や通しなどの文様を見れば、小紋という名前もうなずける。 しかし、今日小紋と言う言葉は別の意味で使われている。
  もともとは柄付けの種類を表す言葉だけれども、現在はきものの格付けの種類を表す言葉として使う事が多い。 留袖や訪問着、付け下げ等の絵羽物に対する小紋という位置づけである。
  きものの性質上絵羽物は格が高い。それに対して小紋は格が低いとみなされている。 現代の「小紋」という言葉の定義をあえてするならば次の様になるだろう。
『絵羽物ではない染物で、繰り返しの全体柄が付けてあるきもの』
  一般に「小紋」は染物に対して使われているが、時には織物について使われる場合もある。 総絣の織物に対して飛び模様の絣を「小紋」と称する場合があるが、余り適切な使い方ではないように思える。
  また、染物の場合も、縞柄の小紋と飛柄の小紋を比較して、
「そちらの縞よりもこちらの小紋の方がお似合いですよ。」
と言う使い方もするけれども、これも曖昧な表現である。
  しかし、このような使い方をするのが呉服用語であると言う事を頭に入れておかなくてはならない。

|戻る|